夏期講習のメリットとデメリット

夏休み期間に実力アップができる

高校には夏休みがあり7月後半からから8月いっぱいにかけて学校の授業がありません。また、一般的な予備校でも前期と後期の授業に分かれていて、前期は7月中旬に終わるためにそれ以降は後期が始まる9月まで授業がなくなります。医学部予備校の中には夏休み期間が無いところもありますが、あるところだとその間自分で勉強しなければならずなかなか勉強を進められないかもしれません。その場合、予備校が実施する夏期講習を受ければ、学校に行っているのと同じ感覚で生活ができるので勉強のリズムがつけやすいというメリットがあります。授業の内容は各教科のまとめや実践演習などになるので、苦手科目を持っている人なら復習ができその部分を強化できるでしょう。一方、得意分野の実力アップに使えたりもします。

勉強した内容とダブる可能性

医学部合格を目指す人は無駄な時間を減らして効率よく勉強する必要があります。予備校の医学部コースであれば高度な授業内容により実力が付けられるかもしれません。ただ夏休み期間中は授業が無いところもあり、その時に実施される夏期講習を受けるべきか考えるときもあるでしょう。夏期講習は短期間に教科のまとめを中心にした授業が多く、人によっては既に身に着けた内容の繰り返しになるかも知れません。分かっている内容の授業を受けるのは無駄な時間を過ごすも同然なので、あまり受ける意味が無いと言えるでしょう。自分の通っている予備校以外の夏期講習の中には自分にぴったりの夏期講習があるかもしれないので、各予備校の資料をチェックすると良いでしょう。

医学部の推薦入試は、高校の成績以外に小論文が必要になることがあります。学校によって条件が異なるので、事前に調べることが大切です。