受けなくても良い模試

受験しない大学の名の付いた模試

全国に医学部がたくさんあり、医学部であればどの場所にあってもいいと考えている人がいるでしょう。その一方で、入学したい医学部がすでに決まっていて、志望校以外の大学は受験しないし、たとえ受験して合格しても行く気が無い人もいるかもしれません。普段医学部に合格するために予備校に通って勉強しているなら、自分の実力を把握するためにも試験に慣れるためにもいくつかの模試は受けておいた方がいいでしょう。ただし、自分が受験しない大学の名前の付いた模試に関してはあまり受ける意味がありません。大学名が付いた模試はその大学の受験傾向に合わせて作られていて、得点を取るにはそのための対策をする必要があります。それなら志望校の模試を受けて志望校の対策に時間を使った方がいいでしょう。

全ての受験生を対象にした模試

予備校が実施する模試の中でも多いのが全国共通模試でしょう。記述式とマーク式が用意されていて、全国にいる受験生が自分の実力を把握したりするのに使っているようです。ただ医学部の受験を予定している人からするとあまり受ける意味がない時もあります。全ての受験生を対象にしているので、難易度は簡単ではないもののそれほど難しくもありません。医学部の入学難易度は最も偏差値の低い所でも医学部以外の学部の中では上位になり、標準的な内容に設定されている模試を受けても簡単すぎて実力が把握できない可能性があります。そのため、記述式はあまり受ける意味がないでしょう。一方で、マークシートは国公立の共通試験として受けないといけないので、慣れるために受けた方がいい時もあります。

医学部の予備校の個別指導を利用するなら、重点的に取り組みたいのが小論文などの添削が必要な項目です。数をこなし、指導をしてもらうことで実力が付き易くなりますから、徹底的に取り組みたい部分と言えます。