受けたほうが良い模試

各大学の名前を冠した模試を受ける

全国には非常に多くの大学があり、入学難易度の高い伝統のある大学もあれば、最近設立されたばかりのあまり難易度の高くない大学もあります。伝統のある大学となると入学希望者も多く受験生からも人気です。受験の時には模試を受けると良いですが、人気のある大学だとその名を冠した模試の実施があります。医学部専門予備校でも模試がありますが、できれば自分が受験する予定の大学名を冠した模試を受けるようにしましょう。各大学は同じ科目でも出題傾向が異なり、偏差値が近い大学同士でも出題内容が全く異なるときもあります。その大学名のついた模試なら過去の出題傾向に沿って作られているのでより実践を体験できるでしょう。受験生の中で自分がどの位置にいるのかの把握もしやすいのもメリットです。

記述式とマーク式の模試を受ける

大学に入学するには受験が必要ですが、国公立と私立、文系と理系などによってテスト形式が異なるときがあります。国公立はマークによる共通試験と筆記による各大学が行う試験を受けるのが一般的で、一方私立はマーク試験を課するところが多いでしょう。私立の医学部だと数学や理科などの科目は筆記で英語などがマークになるなどもあります。医学部を受験する人が受ける模試としては記述式とマーク式の両方を受けるようにしましょう。記述式だと答えを文章や計算式などを自分で書く必要があり、模試を受けることでどんな答え方をしたら点数が上がりやすいのを把握できます。片やマーク式は解答を選ぶテクニックやマークの仕方などを知っておく必要があり、模試を受ければ事前にその練習が可能です。

医学部の予備校の寮は勉強に集中できる環境がしっかりと整っています。高いモチベーションと学力に囲まれ、自分の力を底上げできるでしょう。